五次元スクール アート部門所属 笑美のブログ

ハワイで学び始め日本でも五次元スクールで勉強に励む笑美が綴るブログです

幻のリスト入手!

キモイメールについて、私がいちいち自分のブログでツッコむのをお読みくださった先生から「赤ペン先生みたいだね(笑)」と笑ってもらいました。

先生は五次元スクールや公けの場所でも、ブログを書いてと仰らないどころか、むしろ、興味本位で書かないで! と仰っています。
根拠のない中傷文に、勢いで書き返す人にも、やらないでと仰っているのを私は何度も聞いてます。

そんな先生のブログの最新記事を読んで、
今は消されてなくなっているシャーマンのホームページにあった幻のリストを私も手に入れました。イェ────v( ´∀` )v────ィ

先生のブログに書いてあったように、
ヒーリングに携わって結果を出していらっしゃる方には、自我の強いヒーラーというリストに当てはまるようなことは先ずないだろうということですが。

[自我の強いヒーラー]に書いてある項目を見れば、シャーマンは全部やってるやん

そして、私は過去の経験から「確かに!!」と強く思ったことがありました。

過去に遡って、
私はシャーマンからもらったアニマルダンスとかいうアイデアを一生懸命やりましたが、何年かけてもちっとも結果がでなかったのです。
そりゃ、自我の強いヒーラーから言われたアニマルダンスで結果が出ないはずだと納得できた...という私です。

ところがどっこい、
先生から昨年末に もらった新しいアイデアは、まだ始動して半年も満たないっていうのにもうすでに二桁にものぼる利益結果が目に見えて出ている!
しかも「他府県のご利用者が増えると思うよ」との予言通り、今では関東からもご予約があったり、先日はイタリア在住っていう方からもお問合せが
ありました。もはや他府県に留まらず国を飛び越えてる(ノ´▽`)ノwow


結果という実績を出せていない人が、完璧な人のフリをして人に教えようと振舞ったとしても、結果は出せない。そして、
時間の経過と共に嘘のマスクは剥がれ落ちていくので、いずれマスクを付けていただけの本当は自我の強いヒーラーだったということがバレてしまう。そうなった時に、このリストを書いた本人が一番恥をかくことになるという カルマの法則を、今まさに五次元スクールのクラスで見せてもらっています。 



スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

匿名???

おたっきーゆっきーさんの切れ味あるブログを読んで、
ほんまその通りやわ~と笑っていた矢先。
anonymous_gojigenとかいうアドレスから私宛にメールが届きました。
メールの件名には『真実は常に勝利する!』と書いてあったんですが、
そうすると、このメールを送ってきた人は惨敗となりますね。

もし、自分が真実を言っているとか高らかに主張するなら、なんで匿名で送ってくるんですかねぇ。
『あなたのしらない吉田真由美は』とか、人のことをとやかく言う前に、
まずは自分の身元を明らかにしてから言いましょう よ┐(´ー`)┌ヤレヤレ

やり過ぎてしまったあげくの果て、もはや匿名性も薄れているっていうのに、
自称匿名の五次元スクールをなんとしても潰したい人物は、ツッコミどころ満載のメールを、
どうやら、シャーマンのおかしなところについてブログを書いている人たちに特定して送信しているようです。

件名の段階からツッコまなくちゃいけないメールの本文に進んでいくと、
書いてあるのは今まで書かれてきた五次元スクールへの中傷文とパターンが同じで。


日本語文の誤字は、もはや基本設定なんですかね?
それでなくても信憑性の無い内容をわざわざ自らの雑な編集のせいで、とことん信憑性を欠いているとしか思えないwwwwwwwww wwwww
だったらあっかんべーとかブタの絵文字1つの方がまだ言いたいことが伝わってきて
いいと思います。

メール本文の一節には
『吉田真由美がなぜ村上密牧師に対しブログやネット上でこれ以上攻撃しないかわかりますか?』と、さも俺様は知ってるぜ感満載に書いてありますけれど、
五次元スクールのジナン君が村上牧師のところに行って、例のあの人のことで村上牧師と一緒に盛り上がったという話は知らないんだ?!
肝心なところを知りもしないで、自信満々にこんなメール書いてるなんて、読んでてハズカシイwwwwwwwwwwww

知らないなら知らないでいいのに、わざわざ憶測で書いてしまっては墓穴掘ることになるってパターンも毎回一緒ですよね。

他にも
『あなたが 吉田真由美や吉田有希、堀麻里那の指示を受けて実行しているのは知ってい ます。』
って書いてありましたけれど、
一体、私が何を指示されて実行しているのかを書いてくれなきゃ、日本語として通じてないwwwwwwwwwwww

理解できないそこのところはさておいて、
『あなたがシャーマンから指示を受けて、私たちに意味不明な内容のメールを送信、実行している事実を知っています。』と私の方が言いたいのですけど┐(´∇`)┌






未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

4歳の次は19歳?!魔法の🌈を受けて回復した子のお話


先日、ワークショップに参加した4歳の子 が飛び跳ねるほど元気になった出来事をブログに書きました。

そのたった2週間後の昨日のこと。
五次元クラス中に、またしてもドクターブライスの発動現場を目撃することとなりました。ドクターブライスとは、漫画HUNTER×HUNTERに登場するネフェルピトーの持つ治療能力のことです。

先日のワークショップの時。熱を出してぐったりしてる4歳の子に「しんどいんか?」と声をかけに来てくれたミツバチ組のガルー君。
そんなガルー君が、昨日の五次元クラスに入ってきたときの顔は赤くて目がしんどそうに見えました。「測ってないけどたぶん熱ある」と本人が言ったその声は
いつもよりガラガラで苦しそうでした。
「クラスが始まる前に先生が電話してくれはった。思ったより動けている。」 と言っていたので、本来なら体を起こしているのもしんどいくらい熱があるんだろうなと思ったほどです。

クラスが始まって、しばらくした時。
ス カイプ越しに先生がガルー君に声をかけられました。私はガルー君の表情も見える位置に座っていたのですが、先生からの呼びかけに応じたガルー君の顔が、 熱っぽさを帯びた赤い顔から、みるみると明るい肌色になっていくのを見ました。そして目は透き通ってぱっちりと開いていったところまで見たのです。
あまりに一瞬の出来事で「え?!」と思っていると
ガルー君の方から「いま先生と話していると喉の痛みや間接の痛みがなくなりました。」と発言されました。
それを聞いて、ほんの一瞬のうちに容態が良好に変わっていく瞬間を私はキャッチできたんだ!ということがわかりました。

ピトーの持つドクターブライスだと治療が終わるまでに時間がかかるし、治療中は対象者から20m以上離れられません。ですが、こっち(現実)での出来事は
ハワイと日本という距離でありがなら、ほんの一瞬で変化したガルー君の元気そうな姿から、『事実は小説より奇なり』という具体例を見た!と興奮したのでした!
見た目だけでなく、ガルー君の話す声もさっきのガラガラ声とは全然違っていて、いつものガルー君の声に戻っていました。
いや、通常時以上に、先生に対して最大限の敬意を示しているガルー君のレアな声を聞けたと思いました。

その日のクラス内で先生から、スピリットが動いて起こしてくださるドクターブライスのような現象の発動条件についてや、
4歳の子が言っていた「🌈が(身体に)はいってきて、げんきになった」という 🌈についても具体的にわかりやすく教えてくださいました。

そういえば去年の雄島ツアーの時、ガルー君が撮影した写真に🌈が入り込んでいたのを思い出します。https://ameblo.jp/mitubati0007/entry-12294703919.html

この雄島での🌈の写真を4歳の子に見せてみたところ身を乗り出してきて

「あ、🌈だ!これやねん。これがきたの。」

と興味津々に話してくれました。

そして雄島の写真を見ながら
「このとき 🌈がきて、はっぱのあるおそとのところあるいて、げんきになってん」
と言ったので私はびっくりして

「雄島行ったときのこと覚えてるの?!」ときくと
「うん」と言ってました。

そして「昨日、ガルー君のところに🌈が来たのも見えてたの?」
とたずねるとはっきりと「うん!」と迷いなく即答したのを見て、
先生が🌈使いであることが完璧に見えている4歳の子の生の声に驚く私でありました。。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

🌈が来たのを見た4歳の声

5月のワークショップでの出来事。
微熱があり体がしんどかった4歳児は、会場の一番うしろで横になってでもワークショップに参加したいと寝転がっていました。

いつもならミツバチ組のお兄ちゃん達が来ると飛び跳ねて喜ぶのに、お兄ちゃん達から「しんどいんか?」と声をかけてもらっても、目で合図するだけ。

しかしワークショップが始まり、先生から名前を呼ばれるや否や
4歳の子は 「はい!」 と大きな声でお返事できたのです。
どんなにしんどくても最大限の敬意を示した4歳の先輩がかっこよくてまぶしかったです。

それからワークショップが進んでいくと、
しんどかった4歳の子はどんどん顔色が良くなり、目に力がこもり、やがては自分で立ち上がれるまでになって。。

なんとワークショップが終わる頃には笑いながらきゃっきゃと動き回れるまでに回復してしまったのです・・・・!!!
90分間のワークショップで一体なにが起きたのでしょう??


私はこの様子をみて漫画HUNTER×HUNTERに登場するピトーの、ドクターブライスという能力を思い出しました。

そういえば今年のはじめにも、歩く事さえままならない程の腰痛を抱えた方が、先生の個人クラスを5日間受けただけで
歩けるまでに改善してしまったという話を聞いたことがありました。
そして、それはスピリットがドクターブライスみたいな働きをしてくれたのだろうとスカイプクラスで先生からお聞きしたことがありました。

私はそのお話の通り、ピトーのドクターブライスの能力と同じような力のおかげで、見る見るうちに我が子が元気になっていく様子を目の当たりにすることが出来たのです。

ピトーの能力は、治す相手の傍から離れられないという条件がありますが、
先生はハワイにいらして、日本にいる私たちはスカイプを中継して繋がらせてもらっているわけですから
先生の能力はピトー以上だと思います。

先生の能力と私は書きましたが、先生は「私がなにをしたわけでもないのよ」とサラリとおっしゃいます。
確かに、先生が治れなどと念じたり唱えたりなどは一切されてませんでした。
何よりも、私は先生に我が子の不調を伝えてもいませんでしたから、先生は我が子の不調をご存じではなかったはずでした。
クラスではスカイプ越しにワークショップのテーマに沿って皆さんからの質問にお答えくださっていたというだけです。


ハワイと日本という距離でさえもドクターブライス現象が起こることを知った私は、元気に遊ぶ我が子を見て
「ねえねえ。どうしてそんなに元気になれたの?」と本人に聞いてみました。

すると我が子は

「🌈がきてくれてん。ここに(体の横をポンポンとしながら)。そしたらげんきになった。」

「とんねるみたいにひゅーんって。こんなふうに。」

と手振りをつけて教え てくれました。


予想もしなかった我が子からの返答に鳥肌が立ちながら、4歳児の手振りつきの説明を聞いていると、🌈は明らかに先生から来たものだということがわかりました。
ドクターブライス現象でなにが起こっているのか、目には見えない私にまで、4歳の子がわかりやすく教えてくれたのです。



ドクターブライスのような現象を起こせてしまう五次元スクール校長先生は、
風使いだけでなく、🌈使いでもいらっしゃることを、
証明して教えてくれた4歳の子でした。




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブログコメントについた絵文字の足跡


先生とお電話させていただくと、その日のうちに予約が入ること100%の確率を実体験中の私です。


さて昨日、私のブログにコメントがついていたので、なんだろう?と思ってみたら・・・。

あっかんべーをしている絵文字が そこにありましたwwwwwwwwwww

は?なんの意味があるん????って思ってたら、なんとマリンギョおたっきーさんのブログにまで同じものが。

え?なになに??このマークを集めたらなんかもらえんの?
シールを集めてお皿をゲットしようみたいな
春のパンまつり的なあれか????*゜・:。ワァ(・∀・)オ。・:゜*
と、なにかのイベントが発生したのかとさえ妄想。wwwww



今時の幼稚園児でも、あっかんべー、とか言ってるの聞かないですしね。
時代錯誤な書き込みに笑うなという方が無理。

この死語について、どんな意味だ?と考えてみたのですが、
負けている子供が、もうなす術もなく、最後の手段としてあっかんべーを捨てセリフに逃げ帰っていく昭和の絵が浮かびました。w wwwwwwwwwwwwwwwww


以前、私のブログ記事に、なんかの遠吠えってくだりを書いたことがありますけれど。
そうか。毎日毎日、日本時間めっちゃ早朝から必ずブログにアクセスしている人がいるんですけれど。隅々まで読んでくださっているから、
なんとかの遠吠えを実演してくださったんでしょうかね??


なんてことを思っていると、たまたま先生とお電話させていただく機会があったので、コメントについてお聞きしてみましたところ。

「私のところにもあっかんべーって顔文字が来てて笑っちゃった。笑わせてもらえるから消すのはもったいないなと思って置いてる(笑)」

と先生が仰るのをお聞きして私もあっかんべーの絵文字コメントを消さずに残しています(笑)

絵って便利だなって思う 。英語とか日本語とか関係ないですもんね。
他の方のコメントには、アッカンベーってカタカナでありましたけれど、これを書いているお手伝いさんの気持ちはどんなやったんでしょうね。
私だったら?と想像したくもないですが、相手(お手伝い)の立場になってみることをここで実践してみたところ、けっこー惨めで情けなくなりました。

まさかのシャーマン本人が書いたにしても、こんな幼稚で時代錯誤でセンスもないことを書く人が上司だったら、そんなブラック企業はすぐに辞めたいと
想像した私でした。






未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>